自主管理の管理費削減

自主管理は管理業務をオーナー様(管理組合)ですべて行うことにより、管理会社に中間マージン及び報酬を支払いませんので、もともとのマンションの業務費のみの費用となり管理費がお安くできるというメリットがあります。安さを追求した場合には、もっとも合理的といえるかもしれませんが、弊社が調べた結果によると、マンションによってはあまりお安くない場合もあるようです。お安くないのであれば、自主管理の意味がありません。

また自主管理にはデメリットもございます。それは業務の監督や会計監査、また違反者に対しての督促を自らが直接行わなければならないということです。これは精神的には大変辛いものですし、注意したことでお互いに険悪な雰囲気になってしまったら、普段の生活にまで影響します。管理会社はそういった場合の間に入り、円滑に指導を行えますし、皆様のご負担を軽減させることができます。

自主管理なのになぜお安くならないかという理由は、依頼をしている各専門業者(清掃、エレベーター保守、配管清掃等)の請求料金が高ということが考えられます。加えて料金交渉や内容の変更等を任せっきりにしているのではないでしょうか。また各専門業者が低料金で質の良い業務内容を実行しているかの判断は、監督をしなければならない立場でありながら皆様にとっては大変むずかしいことです。

そこで(株)TMC建物の管理委託をご提案させていただきます。是非比べて下さい。

マンションの維持費の原価(原価とは、中間マージンと管理報酬を引いた金額、つまり元値です)を定めることは極めて困難なことですが、自主管理のメリットである管理費用が本当に原価であるのかどうかは弊社のお見積もりを取ってみなければわかりません。弊社は他のページでも申し上げているように、そのマンションの現行の管理内容と同一条件にて最小限の費用(原価)を算出し、それに低料金定額の管理報酬を頂戴させていただいておりますので、見直しによっては弊社に委託するにもかかわらず、自主管理と同等、もしくはそれよりもお安くなる可能性が十分にあります。もしも弊社の見積もりよりも管理費がお安い場合は、納得の上で自主管理を続けていただけます。

いずれにしましても納得することが重要ですので、そのためにする皆様への努力をTMC建物は惜しみません。弊社サービスを参考にしていただきまして、どうぞお見積もりをご請求ください。

管理のすべては弊社が行いますので、皆様はどうか日々の負担を軽くしていただいて、安心してお任せください。それでいて低料金を実現します。