マンション管理チェック

現在、委託契約を結んでいる管理会社が、皆様と、そしてマンションに本当に適しているのかを判断するための参考としてご活用ください。もしも一つでも下記に該当する疑問があるのなら、早急に改善する必要があるものばかりです。たとえ組合員の一人の方の不満だったとしても、それは解決しなければなりません。なぜなら、その組合員一人ひとりから管理会社は管理報酬を徴収しているのですから。

管理費はもっと安くならないのかしら?

この疑問は弊社に寄せられる最も多い疑問の一つです。

単刀直入に申し上げて、管理内容を変えることなくお安くすることは十分可能だと思います。管理費をお安くという打診を管理会社にした場合に、よくあるのが管理内容を変更(例えば清掃の回数を減らす、管理員の勤務時間を減らす等)して対応することがあります。しかしそれでは管理の質を下げているだけのことです。確かにお安くはなるかもしれませんが根本的な解決にはならないことに注意してください。

管理費の適正化を実行する場合に必要になる書類のひとつに決算報告書(予算案)がございます。こちらの項目すべてに細かく内容と費用が記されていますでしょうか。この決算報告書(予算案)を弊社の提出した予算案と比べていただければ適正であるのかどうかが一目で分かります。内容や費用がほぼ同一であれば適性であるといえるでしょう。

反対に管理費が安すぎてもいけません

管理費が安すぎるということは、そのマンションに必要な維持保全を満足に行えていないということです。このような例は少数ですが、マンションの供給過剰な現在では新築分譲時に売りやすさを目的に管理費に安めに設定していることがあります。しかしこのままでは必ず管理費は不足しますし、後々維持保全に支障をきたします。こういったケースでは当然管理費の値上げが必要になりますが、管理会社の言われるがままに値上げをするのではなく、管理委託費の見直しと同時に適切な管理をオーナー様(管理組合)から提案することが重要です。必要の無い管理内容を解約するなどして少しでも値上げ幅を小さくする努力が求められます。

業務報告や説明が足りないのでは?

業務報告や説明は法令にて定められており、それを怠っていた場合は業法違反になり論外ですが、反対にこの疑問が湧くということは、もっと報告や説明を分かりやすくしてほしいという要望の現われだと思います。こういったことは管理会社に意見すべきです。管理会社は必要最低限のことを行っていれば良いというものではありません。今の時代はそれ以上のサービスこそが管理会社の評価につながるわけですから。

日々の対応に不満がある

皆様が管理会社の社員(管理員は含まず)とお話しする機会はあまり無いと思いますが、何かの機会に話したときや電話の対応がぶっきらぼうだったり、挨拶もあまりしないようでは管理会社として問題があります。そもそも管理の主体は消費者である皆様(オーナー様(管理組合))にあります。管理会社から考えれば当然皆様はお客様です。どの業界においてもお客様と丁寧に接することは当然の業務です。もしもその気持ちが欠けているのなら即刻管理委託契約を解除すべきであることはいうまでもありません。

原因は分譲会社の系列会社で仕事の受注を安易に獲得できるシステムだからこそ、初心とも言うべきお客様に対する基本姿勢が薄れていくのです。そういったとき管理会社は容易に変更できることを皆様が知っていれば管理会社に危機感を与え、競争原理が発生して結果としてより良い管理が実行されるでしょう。

これらのことを感じたことはございませんか?皆様の中で1人でもそう感じたことがあるなら、検討したうえで解決をしなければなりません。弊社はそのすべてに答えを用意し、安心・迅速・低価格できっとご満足いただけるシステムを実施しております。オーナー様(管理組合)として毎月「管理」というサービスを購入し続けているということを決して忘れてはなりません。